喝 参上!お助け料理人 料理家 平野寿将

北海道ロケ にて

テレビのロケで、札幌(北海道)に行きました。



秋刀魚(さんま)のなめろう風 たたき丼ぶり

イケテナイ男と女の料理塾 第2回目


秋刀魚の卸し方 <大名卸し>


秋刀魚のなめろう風 たたき丼ぶり の作り方


『秋刀魚(さんま)のなめろう風 たたき丼ぶり』(2人分)

(材料)
秋刀魚: 1尾
大葉: 6枚
長ねぎ(斜め薄切り): 1/2本分
白・黒いりごま: 各適量
ご飯: 茶わん2杯分


(調味料)
(A)
みそ: 小さじ1
卸しにんにく、卸ししょうが: 各小さじ1

ラー油: 適量


(作り方)
  1. 秋刀魚は頭をとり、包丁で腹に切れ目を入れて内臓を取り出 し、水洗いした後、大名卸しにする。
  2. 腹骨をそぎ取り、皮をひいた後、包丁で細かくたたき、なめ らかになったら、(A)をのせて、さらによくたたく。
  3. 2に白ごま大さじ1をふり、たたきながら混ぜ合わせる。
  4. 器にご飯を盛り、大葉と3をのせ、斜め薄切りの長ねぎを飾 り、お好みでラー油と黒ごまをふる。

戻りカツオのお刺身&サラダ

イケテナイ!男と女の料理塾の第1回目




『戻りカツオのお刺身&サラダ』(4人分)

(材料)  
戻りカツオ: 1さく
絹ごし豆腐: 1丁
水菜: 1/2束
キムチ: 1/2カップ
にんにく: 1片
レモン: 1/2個


(調味料)
(A)  
「寿将の日々、お助けだし」の中身: 1パック分 
白すりごま、しょうゆ、酢: 各大さじ2
砂糖、ごま油: 各大さじ1
卸しにんにく、卸ししょうが: 各小さじ1

ごま油: 大さじ2

<注> 
とてもおいしい寿将オリジナルのお出汁「寿将の日々、お助けだし」は  
寿将公式HPよりお求めいただけます。  
今すぐGO!!


(作り方)
  1. カツオは食べやすい大きさに切る。
    豆腐は4等分に切る。
    水菜は3cmくらいの長さに切った後、水にさらして水気を切る。
  2. (A)をよく混ぜ合わせ、ドレッシングをつくる。
  3. 器に、1の水菜、豆腐、カツオを盛り、キムチを添える。
  4. フライパンにごま油を熱し、薄切りにしたにんにくを炒め、香りがたってきたら、
    3の豆腐の上からかける。
    仕上げに、2のドレッシングをかけ、くし切りにしたレモンを添える。

プロフィール

平野寿将(ヒラノヒサマ)
料理家。レストラン「ヒサマズキッチン」オーナー。料理教室「寿将塾」主宰。
1991年には郷土料理・懐石料理に対する功績が認められ、内閣総理大臣より表彰される。以降、テレビ・雑誌などを中心に”お助け料理人”として大活躍。
また現在、女性誌『サンキュ!』(ベネッセコーポレーション)では、自らペンをとり、初めてのエッセイ連載を手がけるなど、 多彩な活動を展開している。
近著に「あれこれ、惣菜。」(ソニー・マガジンズ」や「平野寿将流 やさしい和ごはん」(ベネッセコーポレーション)などがある。

カレンダー

<< 2006年9月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30