災害リポートを体験せよ!
前回のミッションで罰ゲームを放棄した絵里加。
教官から電話が鳴る。

「前回の“バレンタイン決戦”のありさまはなんだ!」
「橘メイ・ザ・キャットに負けたあげく、罰ゲームまですっぽかしやがって!」
「本気でキャスターになる気あんのか?!」
ベテランリポーターから喝!
三木絵里加 災害リポート修行
第4回のミッションは「とくダネ!」でおなじみ“台風中継のプロ”
平野早苗リポーターに災害リポートのノウハウを厳しく指導してもらう。
罰ゲームをやらなかった絵里加の根性をたたき直してやる!
現場のキビシさが分かったか!?
しかし、ベテランリポーターにマンツー指導なんて、これほど光栄なことはないぞ!
平野リポーターから言われたことをちゃんと理解し、今後につなげろ!
<キャスターの鉄則3ヶ条>
(1)どんな過酷な状態でも、キャスターとしてしゃべり続けること

キャスターとしての自覚を持ち、現場の臨場感を伝えよ!

(2)危険な状況下でも冷静さを保て!

自然災害の恐怖は想像以上。安全を確保しながら冷静に取材を続けることも必要だ。

(3)臨機応変な対応を!

いつ起こるか分からない災害。メディア人として「避難の呼びかけ」をするなど被災者のために尽くせ!