他の人にない“癒し”となんといってもユーザーのコメント支持の大きさ。映像はたいへんシンプルながらも、PC画面を何回もクリックしたくなるオーラに注目しました。まだ技量としては未完成な部分も多いかもしれませんが、それだけにこれからの展開が楽しみです。ワッチミー!TVを率いるパワーに育ってもらえればと期待を込めて選考しました。


今回は、映像制作の技量が非常に高かったことが特徴です。
しかも、それぞれ工夫を凝らした映像ブログばかりで、選考はたいへん難しい選択を迫られました。
ご本人はもちろんのこと、応募に当たりお手伝いくださったに違いないご家族や事務所の方々も、2ヶ月以上に及ぶ選考おつかれさまでした。 どれも豊かな映像ブログの将来を予想させるものでしたが、最終的には特にWEBならではの空気感を重視しました。


募集要項
izanneオーディション2007